出演アーティスト第二弾決定!!

大橋トリオ [オオハシ トリオ]

大橋トリオピアノ・ギター・ベース・ドラムなど、あらゆる楽器をこなすマルチプレイヤー。ジャズ 及びアコースティックをベースに、映画やドラマ、CMなどの音楽制作、アーティストら (小泉今日子、SMAP、山下智久ほか)への楽曲提供、アレンジプロデュースなど幅広 く活動中。

2009年5月に大橋トリオとしてエイ ベックス・リズムゾーンよりメジャーデビューする。
同年5月には第一回となるCD SHOP大賞にて準大賞を授賞。
メジャーデビュー盤となった『A BIRD』はFM20局パワープレイ、各地で話題となりスマッシュヒットを記録。
続いて11月にはメジャー1st album となる『I Got Rhythm ?』をリリース。
iTunesではリリース早々に総合アルバムチャートで1位を獲得。

2010年3月には初となるカバーアルバム『FAKE BOOK』をリリースし、海援隊の『贈る言葉』のカバーが話題を呼ぶ。
同年10月公開となった映画『雷桜』(主演:蒼井優/岡田将生、監督:廣木隆一)で は、映画音楽全般と挿入楽曲も手掛ける。
11月には待望のメジャーセカンドアルバム『NEWOLD』を絵本付きCDとしてリリース。
人気絵本作家(tupera tupera)との共作絵本や、布袋寅泰氏が参加した楽曲が注目を浴びた。

2011年、今井美樹のシングルカップリング曲のプロデュースを手掛け、6月には観月 ありさへの楽曲提供・アレンジ(作詞:小泉今日子)、8月には布袋寅泰30周年記念ア ルバムへ『ラストシーン』のカバーで参加。
夏には国内最大規模のFUJIROCKフェスにも参加。登場した“FIELD OF HEAVEN”の会場は、雨にも関わらず満員で最高のパフォーマンスにかなりの反響を 呼んだ。
12月には『R』と『L』、オリジナルアルバムを2枚同時リリースをする。

2012年初頭には向井理主演のドラマ『ハングリー!』の劇中音楽、挿入曲の作曲も手 掛ける。
3月には毎年恒例となるカバーシリーズ『FAKE BOOK Ⅲ』もリリース。
BEAMS のキャンペーンソングやJTBのHAWAIソングなども提供。
9月には平井堅や矢野顕子らとのコラボレーション曲を収録したコラボアルバム『White』をリリース。
またSMAPや山下智久にも楽曲・サウンドプロデュースを行うなど作家としても精力的 に活動。

2013年3月には、自身の新境地に挑むロックアルバム『plugged』と題されたニューアルバムを発売。
夏は自身のワンマンツアーとSUMMER SONICやROCK IN JAPAN FES.など全国のロックフェスへ参加。
そして7月よりオンエアされた連続ドラマ『スターマン?この星の恋』(広末涼子主演/ 堤幸彦監督)の劇中音楽を手掛け、劇中歌としてデビッドボウイの『Starman』も カバー。
その活動を経て、11月に初のクリスマス・ウィンターをテーマにしたコンセプトアルバ ム『Magic』をリリース。

2014年には自身初となるBEST盤をリリースし、大橋トリオ第一章の区切りをつけ、翌年には更に音楽的な冒険をしたアルバム「PARODY」で自 らの新境地を見いだす。この作品は俳優の齋藤工がMUSIC VIDEOを手掛けた事でも大きな反響を呼んだ。6月3日には初のライブアルバム「ohashiTrio & THE PRETAPORTERS2014」をリリース。
2015年8月、J-WAVE LIVE SUMMER JAMにて、今市隆二(三代目J SOULBROTHERS)、加藤ミリヤ、DEF TECH、平井堅らボーカリストのスペシャルバンドマスターを担当し、大編成のアレンジの大役をつとめた。
2016年2月、通算10作目となるアルバム「10(TEN)」を リリースし、各地ソールドアウトとなった全国15公演のツアーを行う。

http://ohashi-trio.com

ORIGINAL LOVE [オリジナル・ラブ]

オリジナル・ラブ1985年、田島貴男を中心として結成したレッドカーテンが前身。87年より“ORIGINAL
LOVE”として活動を開始。91年に「DEEP FRENCH KISS」でメジャー・デビュー。93年にはシングル「接吻 kiss」がヒット。その後、作品制作とライヴ活動などを精力的に展開。
また、プロデュースや楽曲提供、コラボレーションと幅広く活躍。2016年6月には25周年ニューシングル『ゴールデンタイム』をリリース。

http://originallove.com/

カジヒデキ

カジヒデキ1996年に「MUSCAT E.P.」でソロデビューをした日本を代表するネオ・アコースティック・シンガーソングライター。スウェーデン、イギリス、フランスなど世界各国でレコーディングを行い現地のミュージシャンとも深い親交を持つ。数多くのCMソング制作、プロデュース、楽曲提供の活動など精力的に活動中。
2008年映画「デトロイト・メタル・シティ」の主題歌「甘い恋人」はスマッシュヒットを記録。
2012年にレーベル「BLUE BOYS CLUB」を立ち上げ13枚目のニューアルバム「BLUE HEART」をリリース。今年、ソロデビュー20周年を迎え、5月25日にニューアルバム「THE BLUE BOY」をリリース。
初のビルボード公演や8月には東名阪ツアー、千葉で初開催される「PEANUTS CAMP」にキュレーターとして参加するなどイベントも多数予定。

http://www.hidekikaji.net

KONCOS [コンコス]

コンコス東京都世田谷区在住の2人組。
ファッションブランドALLEGEの2012 AW COLLECTIONの音楽製作をきっかけに活動スタート。
2012年6月にALLEGE 2012 AW COLLECTIONのためのインスト集「目黒川と阿武隈川と札内川との関係性」をカセットテープにてリリース。
2012年10月に1stアルバム「ピアノフォルテ」をCD、LP+CDにてリリース。
同年11月より「旅するコンコス ~みんなのまちとぼくらのおんがく~」と題し、全国47都道府県48箇所にも及ぶツアーを敢行。
その後の2ndアルバム「街十色」のリリースツアー「旅するコンコス ~まちといろ 100のいろ~」では日本101箇所でのライブツアーを、自分たちによるブッキングで成功させる。
現在、同じ帯広出身のドラマー紺野清志を迎えた3人編成を基本に、ライブハウスを中心に活動中
。2016年7月20日に待望のニューアルバム「Colors & Scale」をリリース。

佐藤寛 - Vocal, Guitar
https://instagram.com/hiroshisato/
https://twitter.com/hiroshisato

古川太一 - Keyboard, Vocal
https://instagram.com/taichifurukawa/
https://twitter.com/taichifurukawa
http://anoraks.me
DJとしても渋谷Organ Barでのパーティー、MIXX BEAUTYを中心に活動中。

Shiggy Jr. [シギージュニア]

Shiggy Jr.2012年12月、池田智子(Vocal)、原田茂幸(Guitar)を中心に結成。
2013年11月にリリースした1st EP”Shiggy Jr. is not a child.”が、WEBを中心に話題となり注目を集める。
2014年2月に森夏彦(Bass)、諸石和馬(Drums)が加入し、現体制となる。
7月、2nd EP”LISTEN TO THE MUSIC”をリリース。江口寿史氏がジャケットにイラストレーションを描き下ろした事も話題となり、インディーズとしては異例のヒットを記録。
2015年6月24日に1st single「サマータイムラブ」でユニバーサル シグマよりメジャーデビュー。
メジャーデビュー翌週の7月1日(水)に初のワンマンライブを渋谷・CLUB QUATTROにて開催。
同年10月14日 2nd single「GHOST PARTY」をリリース。11月~12月の初全国ワンマンツアーでは、赤坂BLITZソールドアウトも含め全国5都市公演を開催。
2016年8月24日4th Single「Beautiful Life」をリリース。
今年活躍を期待されている(自称)最も”ポップでポップなバンド”Shiggy Jr.
http://www.shiggyjr.com

シャムキャッツ

シャムキャッツ4人組のロックバンド、シャムキャッツ。2009年春、1stアルバム『はしけ』をリリース。
その後、自主制作で次々と発表したCD-R作品「DEMO SINGLE SERIES」(全3作)、シングル「渚」と「サマー・ハイ」は全てSOLD OUT。2011年秋、ミニ・アルバム『GUM』をリリース。2012年冬、P-VINE RECORDSより2ndアルバム『たからじま』をリリース。収録曲“SUNNY”がテレビ東京系「モヤモヤさまぁ~ず2」のエンディング曲に起用される。2013年、夏から秋にかけてTurntable Filmsとのスプリット12インチアナログシングルの先行即売全国ツアーを開催。2014年初頭、店舗限定シングル「MODELS」をリリースするも僅か一週間で完売。VJを加えた東名阪ワンマン・ツアー「GO」を経て、3月に3rdアルバム『AFTER HOURS』リリース。渋谷CLUB QUATTRO公演を含む全国ツアーを開催。また、アルバムの好評を得て「MODELS/LAY DOWN」を7インチ・アナログとしてシングルカット、『AFTER HOURS』もLP化。10月に自主企画イベント「EASY」の第一回を開催、大成功。2015年3月4日に『AFTER HOURS』の“その後”を描いた最新ミニアルバム『TAKE CARE』をリリース。恵比寿LIQUIDROOM公演を含む全国9箇所ワンマンツアーを開催。10月、「EASY 2」開催。12月、東名阪クアトロツアー「素晴らしい日々」開催。2016年4月より全国10箇所ツアー「EASY TOUR」開催。8月10日にニューシングル「マイガール」を発売。
http://siamesecats.jp

DJダイノジ

DJダイノジ2005年仕事がなかったダイノジ大谷にrockin'on兵庫慎司氏がDJを薦めて始動。
そのうちDJをする大谷の前でダイノジ大地がパフォーマンスをし始めて今のスタイルに。

2006年、賑やかしで出たエアギター日本大会、世界大会で大地が優勝。
2006年NHK紅白歌合戦出演、2007年大地エアギター世界大会で2連覇。
全国の名だたる音楽フェスで動員15,000人とDJ BOOTH最多動員を更新し続ける。
Mr.Children桜井氏等アーティストから賞賛も。

南壽あさ子 [ナス アサコ]

南壽あさ子物心つく前から歌うことに心奪われた彼女は
二十歳になり本格的に作曲活動をはじめ、
2012年6月に「フランネル」でインディーズデビュー。
風景画家の祖父や70年代の音楽に影響を受けながら独自の世界観を生み出すその作風は、だれもが何処か懐かしい情景や心象風景を思い起こし、その透明感あふれる唄声とシンプルなピアノによって
おおくの人の心を掴んで離さない。
2013年10月には「わたしのノスタルジア」でメジャーデビュー、この曲が全国ラジオパワープレイを40局以上獲得しこの月の邦楽・洋楽OA回数1位となる。
ひとつひとつていねいに唄い届けることをモットーにし、
「Nostalgia」ツアーでは全47都道府県をまわり、赤坂BLITZにて
大成功のうち旅を完結させる。
2015年6月10日には待望のメジャーでのファースト・アルバム『Panorama』をリリースし、二度目の47都道府県ツアーを敢行。
同年12月には鈴木惣一朗(ワールドスタンダード)とのユニット“ESTACION(エスタシオン)”を結成、
ファースト・アルバム『少女歳時記〈冬〉』をリリースする。
2016年4月からは全国16か所をまわる南壽あさ子弾き唄いワンマン“flora”tourを開催中
 
その声の魅力が支持され、積水ハウスシャーメゾンのCM[積水ハウスの歌]、ポッキーのラジオCM[ポッキー/話そうよ篇]、
東京ガスのラジオCM[あなたとずっと 今日よりもっと・エネルギーのうた]などの歌唱を担当。
さらには、アステラス製薬の企業CMナレーションに大抜擢されるなど、今後も彼女の活躍から目が離せない。

http://www.nasuasaco.com/

Negicco [ネギッコ]

ネギッコ2003年に結成された新潟在住アイドル・ユニット。メンバーはNao☆、Megu 、Kaede。
現在「にいがた観光特使」を務める。
「光のシュプール」「ねぇバーディア」「矛盾、はじめました。」とオリコンウィークリーTOP10以内となる。(※企画シングル除く)
2016年は“NEGiBAND”と共に生バンドスタイルで行うツアー「Negicco Second Tour“The Music Band of Negicco”supported by サトウ食品」を開催し、ツアーファイナルの中野サンプラザを成功させ、同年5月には3枚目のアルバム「ティー・フォー・スリー」をリリースしている。
http://negicco.net/

HARUHI [ハルヒ]

HARUHI1999年2月25日、ロサンゼルス生まれ。現在17歳。ルーツ・ミュージックからオルタナティブ・ロックまで膨大な幅の音楽を吸収し、13歳から楽曲制作を開始。英語と日本語のバランスを取りながら「HARUHI」としての新しいスタイルを創りだしている。
映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌に「ひずみ」が抜擢され、2016年5月デビュー。「ひずみ」はiTunes J-POPアルバム初登場1位、レコチョク上半期新人ランキング2位を記録するなど注目を集める。

http://www.haruhi99.jp

ハンバート ハンバート

ハンバート ハンバート1998年結成、佐藤良成と佐野遊穂によるデュオ。2001年CDデビュー。フォーク、カントリー、アイリッシュ、日本の童謡などをルーツに、叙情的でユーモアあふれる音楽は、幅広い年齢層から支持を集める。海外の伝統音楽系ミュージシャンたちとの共演も多く、2011年にはスコットランド最大の音楽イベント「ケルティックコネクション」に出演。国内でも、佐藤良成がくるりのレコーディングメンバーやライブサポートメンバーを務めたほか、芥川賞を受賞したお笑い芸人・又吉直樹氏がファンであることを公言するなどクリエーターやアーティストからの評価も高い。映画「包帯クラブ」(堤幸彦監督)、映画「プール」・テレビ番組「2クール」(小林聡美・もたいまさこ出演)で劇中音楽や主題歌を担当し、「シャキーン!」「おかあさんといっしょ」などの子供番組、深夜アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!」にも楽曲を提供。最近ではCMソング「アセロラ体操のうた」が話題に。現在は、歌唱を担当したミサワホームCMソング「いついつまでも」がオンエア中。デビュー15周年を記念したアルバム「FOLK」発売中。

http://www.humberthumbert.net

マイア・ヒラサワ

マイア・ヒラサワ1980年、スウェーデン、ストックホルム生まれのシンガー・ソングライター。日本人の父とスウェーデン人の母をもつ。2007年、アルバム『Though, I’m Just Me』でデビュー。その後、休暇のため一年間仙台に居住し、花王「エッセンシャル」TVCMへの楽曲提供を皮切りに日本国内での活動もスタートさせる。2010年~2012年の間に7本のCMソングを手掛け、注目を集めた。2011年、楽曲を提供した「JR九州 / 祝!九州キャンペーン」が話題となり、YouTubeで200万を超えるビュー数を獲得。このCMはカンヌ国際広告祭で金賞、ロンドン国際広告祭では銀賞、そして、日本最高峰のACC CM FESTIVALでは貫禄のグランプリを受賞した。


また、日本独自制作によるアルバム『maia hirasawa』、EP『Boom!』、2012年にはミニ・アルバム『WE GOT IT』と立て続けにヒット作をリリース。
2013年5月、約1年半の活動休止期間を経て、フル・アルバム『WHAT I SAW』を発表する。日本盤ボーナス・トラックには岸田繁(fromくるり)がヴォーカルで参加し、注目を集めた。
2014年1月、日本で手掛けたCM/タイアップ・ソングと日本人アーティストとのコラボ曲を一挙収録した企画アルバム『The Japan Collection』発売。
5月には主題歌を担当した映画『WOOD JOB!~神去なあなあ日常~』(矢口史靖監督)が公開され、高い評価を得た。
2016年7月、約3年ぶりとなるオリジナル・フル・アルバム『Beautiful And Ugly』をリリース。

Rei [レイ]

Rei1993年、兵庫県伊丹市生。

卓越したギタープレイとボーカルをもつ、シンガー・ソングライター/ギタリスト。
幼少期をニューヨークで過ごす。4歳よりクラシックギターをはじめ、5歳でブルーズに出会う。

2015年2月、プロデューサーに長岡亮介(ペトロールズ)を迎え、1st Mini Album『BLU』をリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL '15、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015、Peter Barakan's Live Magicなどビッグフェスに多数出演。

2015年11月4日、セルフ・プロデュースにて2nd Mini Album『UNO』をリリース。
2016年3月インドネシア・ジャカルタで開催された「JAVA JAZZ Festival 2016」、アメリカ・テキサスで開催された「SXSW Music Festival 2016」に出演。

2016年09月21日、トリロジーの最終章となる3rd Mini Album『ORB』をリリース。

好きなミュージシャンは、Johnny Winter、Blind Blake、JB Lenoir、Jeff Lang、BECK、tUnE-yArDs、HIATUS KAIYOTEなど。

HP http://guitarei.com/
twitter https://twitter.com/guita_rei
Instagram http://instagram.com/guita_rei
Facebook https://www.facebook.com/guitarei.official